MENU

【効果絶大】妻に感謝の気持ちを伝える方法3選 うまく伝えるコツを解説

妻に感謝の気持ちを伝える方法3選

感謝の気持ちを伝えるのは、難しいですよね。

いざ伝えようとすると、照れてしまいます。

この記事では、感謝の気持ちをうまく伝えられない人のために、次のことを解説しています。

<妻に感謝の気持ちを伝える方法3選>

  1. 言葉で伝える
  2. 文字で伝える
  3. 行動で伝える

<感謝の気持ちをうまく伝えるコツ5選>

  1. 心から伝える
  2. 具体的に伝える
  3. すぐに伝える
  4. 日常的に伝える
  5. サプライズで伝える

<相手の心が冷める行動5選>

  1. ウソをつく
  2. 約束を破る
  3. 相手を否定する
  4. 相手の話を聞かない
  5. 干渉する

相手に感謝の気持ちをうまく伝えることができれば、夫婦円満でいられますよ。

【超簡単】夫婦仲を改善する方法10選

感謝を伝えることが習慣になれば勝ちです。

自然と夫婦関係がうまくいく仕組みができますから。

まずは、1日1回でも感謝を伝えることを目標にしましょう。

目次

妻に感謝の気持ちを伝える方法3選

妻に感謝の気持ちを伝える方法は3つあります。

  1. 言葉で伝える
  2. 文字で伝える
  3. 行動で伝える

感謝を伝える方法は、言葉だけでも、文字だけでも、行動だけでもダメです。

言葉、文字、行動を組み合わせて伝えるようにしましょう。

言葉で伝える

「ありがとう」とシンプルに伝えるのがオススメです。

カッコつけたり、ポエムのような言い方は寒いですし、回りくどい言い方では伝わりにくいですから。

「シンプル・イズ・ベスト」

わかりやすい言葉で伝えましょう。

「○○してくれて、ありがとう」

ありがとうを伝えるタイミングがわからない方は、食後に伝えるのがオススメです。

自然な流れで「ありがとう」と言えますよ。

練習

「ごちそうさま。美味しかったよ。いつもありがとう」

文字で伝える

仕事中など、直接伝えられないときは文字で伝えましょう。

日常的にはLINEでOKですが、誕生日や結婚記念日などの特別な日は、手紙を書くのをオススメします。

直筆の手紙を書くことで、より感情が伝わるでしょう。うまい文章を考える必要はありません。

日ごろの感謝を素直に文字にすることを意識しましょう。

練習

【例:昼休みに職場でLINEをするとき】

お弁当ありがとう。とくに卵焼きが美味しかった。

いつも、早起きして作ってくれて感謝です。

おかげで、午後からのやる気が出ました。

行動で伝える

感謝の気持ちを行動で伝えるとは、次のようなことです。

  • スキンシップをする
  • プレゼントを贈る
  • 家事をする

言葉で感謝を伝えることは大切ですが、言葉だけでもいけません。

たとえば、奥さんが家事をしているのに、あなたはスマホを見ながらゴロゴロしていたらダメですよね。

どんなに「ありがとう」と感謝の言葉を伝えても、「口だけ」だと思われてしまうでしょう。

つまり、感謝に心がこもっていないと思われるのです。

心から感謝するのなら、行動でも示すべきですね。

とはいえ、いきなり「あなたが家事全般をしましょう」なんて言いません。

できることから、無理のない範囲で始めましょう。

練習
STEP
声をかける

奥さんの家事がひと段落したタイミングで、コーヒーを入れて「お疲れさま。ありがとう」と声をかけるところから始めましょう。

STEP
できることがないか確認する

「何かできることはある?」と確認して、家事に参加しましょう。

必ず確認してからやりましょう。良かれと思って勝手にすると、余計な仕事を増やす“ありがた迷惑”になってしまいますよ。

たとえば、食器洗い用のスポンジが、「油もの用」「食器用」とわかれていたり、奥さんのなかで決まりごとがありますから。

STEP
習慣にする

家事のコツをつかみ、習慣になれば完璧です。

できることから、少しずつ始めましょう。

感謝の気持ちをうまく伝えるコツ5選

心から伝える

感謝の気持ちは、心から伝えることが大切です。

相手に感謝していることを、素直に言葉にしましょう。

たとえば、「感謝の気持ちを伝えないといけない」と、義務感で伝えると、相手に伝わりにくくなります。

笑顔とやさしい口調で伝えよう

心から感謝を伝えるときのポイントは3つです。

  1. 笑顔
  2. やさしい口調
  3. 相手の目を見る

本当に、心の底から感謝を伝えたいと思うのなら、自然と「相手の目を見て笑顔で伝える」ことができるはずです。

メラビアンの法則では、コミュニケーションについての実験で、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかは、次のようなウエイトを占めていると提唱されています。

【言語情報】話の内容:7%

【聴覚情報】口調や話の早さ:38%

【視覚情報】見た目:55%

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)メラビアンの法則』

つまり、どんなに感謝を伝えても、表情や口調が悪いと伝わらないということです。

笑顔とやさしい口調で伝えるからこそ、気持ちが伝わるのですね。

自然な笑顔ができるカンタンな方法3選

具体的に伝える

「ありがとう」だけでは、相手に何に対して感謝しているのかが伝わりづらくなってしまいます。

具体的なエピソードを伝えることで、相手は自分の行動が感謝されていると実感しやすくなります。

たとえば、「お弁当、ありがとう」ではなく、「お弁当の卵焼き、本当に美味しかった。おかげで午後からの仕事も頑張れた」と伝えると、より相手に感謝の気持ちが伝わります。

毎回、「ありがとう」だけでは、単調になるので次のような感謝の言葉をプラスしましょう。

  • うれしい
  • 助かる

たとえば、自分の好物を買ってきてくれたとき(ぼくの場合はビール)=「ありがとう、うれしい」と伝えたり、ものを取ってくれたとき=「ありがとう、助かる」と伝える感じです。

すぐに伝える

感謝の気持ちは、すぐに伝えましょう。感謝するタイミングが大切です。

ぼくは言葉にも温度があると考えています。

温かい言葉は熱々のうちに届けることが大切です。すぐに伝えた方が、相手の心に伝わりやすいですから。

時間が経ってから伝えると、相手は「今さら?」と感じてしまいますよ。

奥さんが、あなたのために何かをしてくれたときは、その場で「ありがとう」と伝える癖をつけましょう。

日常的に伝える

感謝の気持ちは、日常的に伝えるようにしましょう。

たまにしか伝えないと、相手は「感謝されていない」と感じてしまいます。

たとえば、奥さんがスーパーの買い物から帰ってくると、「おかえり」だけではいけません。

「おかえり、買い物ありがとう」と感謝を伝えましょう。

感謝は無料でできるプレゼントです。

「ありがとう」の出し惜しみをせず、何回でも伝えましょう。つねに感謝を伝えようとする心構えが大切です。

相手の行動をよく観察して、ありがとうを言うタイミングを見つけましょう。

慣れるまでは、感謝を伝えるハードルが高いかもしれませんが、毎日、1回は感謝を伝える習慣をつけましょう。

サプライズで伝える

サプライズは嬉しいですよね。

相手が自分を喜ばせるために、いろいろ考えてくれていたと思うと、愛されていることを実感できます。

特に女性はサプライズに弱いので、日常生活にサプライズを取り入れていきましょう。

何でもない平日が、ステキな日に変わりますよ。

仕事帰りに、奥さんの好きなものを買って帰りましょう。

たとえば、

  • スイーツ
  • 花束
  • お菓子
  • ドリンク
  • 雑貨

サプライズで買って帰ると喜ばれますよ。

奥さんに「どうしたの?」と聞かれたら、「美味しそうなスイーツがあったから」「好きな花が目に入ったから」と、さりげなく渡しましょう。

【NG】相手の心が冷める行動5選

感謝を伝えることが習慣になり、夫婦関係が良くなっても、相手の心が冷める行動をしたらアウトです。

これまで積み重ねてきたことが崩れ落ちます。

最悪、離婚に発展する可能性があるので、次に紹介する「相手の心が冷める行動」を絶対にしないと、肝に銘じましょう。

夫婦関係はトランプタワーのように、積み上げるのは大変でも、壊すのはカンタンですから。

<相手の心が冷める行動5選>

  1. ウソをつく
  2. 約束を破る
  3. 相手を否定する
  4. 相手の話を聞かない
  5. 干渉する

ウソをつく

ウソをつくことは、相手を裏切る行為であり、信頼関係を損なうことになります。

ウソをついたことがバレると、相手はあなたを信用できなくなり、関係が冷え込んでしまうでしょう。

信用を損なうと、何を言っても「ウソかもしれない」と思われてしまいますよ。

浮気もウソの中に入りますね。

約束を破る

約束を破ることは、相手を軽視する行為で、誠実さを欠いていると受け取られます。

約束を破ると、相手はあなたに失望し、関係が冷え込んでしまうでしょう。

こちらは軽い気持ちで約束したことでも、相手にとっては大切な約束です。

約束したことすら忘れているのは一番危険なパターンですね。

ぼくは「禁煙する」と約束して、約束を忘れて吸っていたら、修羅場になった経験があります。

相手を否定する

否定や批判ばかりしていると、相手は悲しい気持ちになります。

相手を攻撃するような言葉は、関係を悪化させる原因となるので、絶対に使わないようにしましょう。

とくに、人格を否定するような冷たい言葉は最悪ですね。相手の温かい心が一瞬で冷めてしまいます。

ホットコーヒーに氷をぶち込むようなものですよ。

相手の話を聞かない

相手の話を聞かないと、夫婦関係は悪化します。

なぜなら、相手は「話を聞いてもらえていない=私に興味がない」と思うからです。

人間関係を築くのにコミュニケーションが一番大事ですよ。

一番大事なことを疎かにする夫婦に未来はありません。

束縛や干渉をする

束縛や干渉をすると、相手は自由を奪われていると感じ、息苦しく感じてしまいます。

つねに見張られている感じですね。

「束縛されると愛されてると感じる」というタイプの人もいますが、「束縛=大事にされている」と錯覚しているのでしょうか?

ぼくから言わせると「束縛=信用されていない」ということです。

百歩譲って、新婚でラブラブなときは束縛されるのも嬉しく感じるかもしれませんが、40代、50代になっても束縛されると息苦しくて仕方がありません。

束縛や干渉が続くと、関係がギクシャクして、トラブルが起こる原因となります。

まとめ

今回は「妻に感謝の気持ちを伝える方法」について解説しました。

おさらいすると、次のとおりです。

<妻に感謝の気持ちを伝える方法3選>

  1. 言葉で伝える
  2. 文字で伝える
  3. 行動で伝える

<感謝の気持ちをうまく伝えるコツ5選>

  1. 心から伝える
  2. 具体的に伝える
  3. すぐに伝える
  4. 日常的に伝える
  5. サプライズで伝える

<相手の心が冷める行動5選>

  1. ウソをつく
  2. 約束を破る
  3. 相手を否定する
  4. 相手の話を聞かない
  5. 干渉する

「言わなくても伝わっているだろう」なんて、甘い考えは捨てましょう。

伝えなければ、わかりません。

たとえば、レストランで、ステーキを食べたいと思っても、注文しないと届かないのと同じです。

はっきりと、相手のわかるように感謝を伝えましょう。最初は照れくさいですが、すぐに慣れますよ。

実践あるのみです。

最後まで読んでくれた、あなたに感謝します。

では、また。


にほんブログ村 家族ブログ 円満夫婦へ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
妻に感謝の気持ちを伝える方法3選

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次